病院で受けられる効果的なAGA治療法とは

男性が薄毛に見舞われた際、その背景には様々な原因が考えられます。頭皮環境が不衛生であるために抜け毛が多くなるケースもあれば、悪しき生活習慣によって頭髪の成長が著しく阻害されてしまうこともあるでしょう。そして最近ではまたもう一つの、病気の発症による薄毛も大きな原因として取りざたされています。それが男性型脱毛症、つまりAGAです。
男性型脱毛症に悩む男性
AGAとは男性ホルモンが頭皮にある酵素と反応することでDHTと呼ばれる特殊な物質を作り出し、これが毛乳頭にて感知されると頭髪自体が毛細血管から栄養分を補給するのを停止し、あとはもう抜け落ちていくのみの休眠する体勢へと移行してしまいます。こうやって男性ホルモンの影響のもとで抜け毛が増え、ゆくゆくは地肌が見えるほどの薄毛になっていく症状をAGAと言います。

ただし、このAGAは病気であるがゆえに病院で専門治療を受けると改善できる可能性があります。最近では専門病院のみならず内科や皮膚科でも治療を施せるようになっており、AGAの治療法は徐々に身近に受けられるものとして浸透してきています。その手法は主に飲み薬と付け薬によるもの。飲み薬としてはフィナステリドという成分を配合したプロペシアという錠剤を用います。これを一日一錠服用すると、フィナステリドが頭皮の酵素の働きを抑制し、男性ホルモンと反応して分泌されるDHTを作り出すのを抑えます。これによって抜け毛や薄毛の原因を減少させていくことができるのです。

また、これらの病院ではミノキシジルという付け薬も用いて治療を行います。ミノキシジルを薄毛の頭皮につけると毛細血管が拡張され血流が増加。血液によって運ばれる栄養分も増えることから、これまで不足しがちだった栄養が過不足なく補充されるようになります。こうやって育毛や発毛に不可欠な栄養を蓄えることで頭髪は大いに成長を遂げていくわけなのです。