毛の発毛や成長にはホルモンが深く関係している

ホルモンは、人体のあらゆる部位と関連性があるので、ホルモンバランスが乱れてしまうと、変化が生じます。
当然、毛髪に関しても例外ではなく、薄毛や白髪などの症状が見受けられるようになります。
とても身体に密接な関係があるのにも関わらず、一般的には深く認知されているとは言い難いのが実情です。
そもそも、ホルモンというのは、化学物質の一種であり、少ない量で身体の様々な事柄を調節する作用があります。
化学物質というと、体外から摂取する人工的な物質というイメージがありますが、無色透明な上に体内で生成されます。
分泌されたホルモンは、各々の部位により異なる役目を果たし、血流に乗ることで、全身くまなく行き届きます。
もちろん、頭部に対しても行き届くので、乱れると薄毛などが生じるのです。
そして、ホルモンというのは、男性と女性の二種類が存在しています。ホルモンバランスが安定したカップル
男性と女性どちらであっても、女性のおかげで薄毛にならずにいられます。
広く知られている事として、男性ホルモンが多く分泌された場合、毛深くなるとされています。
男性ホルモンが、体毛と関わりが深いことによるものですが、たとえ女性であったとしても、男性ホルモンの分泌量が多ければ、毛深くなってしまいます。
しかし、男性ホルモンによる体毛が濃くなったとしても、頭髪の毛量が増加するということはありません。
その理由は、女性ホルモンが持っているエストロゲンが、関与しています。
女性ホルモン特有のエストロゲンは、育毛や発毛を促すということや、毛髪の成長を活発化させるという作用があり、薄毛に陥りにくくなります。
ただし、女性ホルモンが多いからと言って、確実に薄毛にならないというわけではありません。